アンクルマツのCDガイド     T-BONE・ウォーカーのCDガイド 最新更新日2016年12月23日 更新履歴 索引
T-BONEウォーカーのCD
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACKMUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
 
T-BONEウォーカー、ショートストーリー

 その昔、そういう出だしでは失礼だな。戦前のまだまだブルースですらキチンと系統だつどころかの時代にあらわれたブルースの父。その昔のLPのタイトルに「モダン・ブルースギターの父」というタイトルで背中にギターをしょいながら、足を広げて弾く絵(!)の出ているものがあった。中古の日本盤LPがまだどこかにあるはずだが・・・・探すのが・・・、と、まあそういう時代にいた、本当にブルースの基礎を作り上げた大天才ギタリスト。
戦前だけに楽団と一緒にの演奏などもあるがシングルノートでのギターの応用は彼が始祖だけに本当に価値のある演奏になっている。
確かに古さはあって当然。だがそのギターのキレ味はいまだに不滅。
本当に素晴らしいギターの音がいまだに生命力をもって目の前に現れてくる。
大昔の時代のものだけにレーベルもそういうレーベルからの発売になっている。キャピタルは要するにレコードそのものが始まった時代のところからのという話がついてくるようなところに、ブルースのインペリアルという状況。本当にブルースがどこから来てどのように今の姿になっていったのかを知るにも聞くことは結構大事だったりもする、。
ギターについてはこの人のギターがブルースギター・・・エレクトリクの・・・とにかくは本当に基礎。ブルースギターはこの人のコピーから始めると非常に参考になることが多い。ただし時代は変わっていくのだという意識を持つことも必要だ。
だがその基礎はいまだに現役のブルースギタリストにもつながっているものだけにこの方面をキチンと知っておきたい、ギターをがっちり学びたいという人には本当に必要な作品だろう。
ブルースギターの基礎がここにある!モダン・ブルースの父という表現は本当に正しいのだ!

T-BONE WALKERの作品
年度 作品名 レーベル
1995 THE COMPLETE CAPITOL RECORDINGS CAPITOL
1991 THE COMPLETE IMPERIAL RECORDINGS IMPERIAL
アーティスト名
BB・キング
マディ・ウォーターズ
マジック・サム
S・B・ウィリアムソン
バディ・ガイ
リトル・ウィルター
T・B・ウォーカー
R・JR・ロックウッド
ロバート・ジョンソン
ローウェル・フルソン
F・ロビンソン
ライトニン・スリム
S・イーグリン
ハウリン・ウルフ
J・G・ワトソン
L・ホプキンス
J・L・フッカー
ロバート・クレイ
Rウィルキンス
スリム・ハーポ
R・ナイトホークス
ジミー・ロジャース
J・B・ルノアー
アルバート・コリンズ
フレディ・キング
ルーサー・アリソン
ジェイムズ・コットン
リトル・ミルトン
C.・G・ブラウン.
R.L.バーンサイド
 BLIND LEMON JEFFERSON
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載