XTCのCDガイド ラグ&ボーン・バフェット Rag&Bone Buffet 最新更新日2018年7月8日 更新履歴 索引
Rag & Bone Buffet
ブリティッシュ&ヨーロッパのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
XTCのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
Rag&Bone Buffet 
XTCのレアトラック&未発表曲集
過去の作品の中で発生した曲の集大成ということもあるのだが、かなりまとまりのよい作品が多い。なぜに未発表とかレアトラックなの?の状態の作品が多くかなり聞きごたえのあるものになっている。勝手な思い込みだが、相当にないかしらの裏での混乱や、もめごとがあるのかもしれないから・・・・・アンディ・パートリッジは結構その手の人間であるような話も・・・・
だがここで聞くことができる作品は他の作品よりも明らかに結構聴きやすく、そして聞きごたえもある作品が多い。裏のベスト盤という説もあるような状況ということもあり、要するに表での混乱で結構良好な作品が水面下に・・・と、いうことが多いということなのだろう。
他の作品よりも結構聞きやすさがあり、日曜の朝でも悪くない感じがある。そう、ややこしさやむずかしさや変わり者さ加減が・・・・と、いったところが大きいのだろう。
そうそして曲云々より、進みが早い。そう聞きやすい曲が中心になっているのだ。
難解さや変わり者さ加減ではなく、あっさりと理解できてしまう楽しさがあるのだ。この楽しさは前面に出ることがまあ、なかなかないという点がこのバンドのむずかしさなのかもしれない。
ギターのカッティングに合わせたところで曲の進行があり、そのカッティングを生かし切ったヴォーカルがこの作品に楽しさを与えていると、いったところだろうか?
真剣に楽しく、思わず聞きごたえにつながっていくアンディの歌が本当に特徴と語りかけのよさがあるので本気で繰りかえし聞き返したくなる作品になっている。
Another Sattliteの別トラックがとにかくいい感じだ。最高の時期の隠れトラック
いやあ、これで隠れトラックか・・・・・・・他もどんどん聞いていきたいね。
曲目
1.Extrovert
2.Ten Feet Tall
3.Mermaid Smiled
4.Too Many Cooks In The Kitchen
5.Respectable Street
6.Looking For Footprints
7.Over Rusty Water
8.Heaven Judy
9.The World Is Full Of Angry Young Men
10.Punch And Judy
11.Thanks For Chrismas
12.Tissure Tigers(The Arguers)
13.I need Protection
14.Another Satellite
15.Strange Tales Strange Tales
16.Officer Blues
17.Scissor Man
18.Cockpit Dance Mixture
19.Pulsing Pulsing
20.Happy Famillies
21.Countdown to Chrismas Party Time
22.Blame The Wheather
23.Take This Town
24.HIstory Of Rock'n Roll
XTCの作品
RAG&BONE BURFFET
THE COMPACT XTC
BLACK SEA
MUMMER
SKYLARKING
ORANGES&LEMONS
NONSVCH.
APPLE VENUS
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
YARDBIRDS
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載