アンクルマツのCDガイド     マッド・プロフェッサーのCDガイド 最新更新日2019年9月28日 更新履歴 索引
マッド・プロフェッサー
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記 
マッド・プロフェッサー

ジャメイカ人ではない。だがまあそれって結構よくある話だから関係がないわけだ。ガイアナ生まれって、まあだけど日本人はもっとそうなるとおいおいの世界になるわけだが、そういう部分は音楽には実際関係がないということの大証明をしてくれている極めてクールで鋭いアーティストが彼なのだろう。
カリブ海の中での交流の中でのレゲェミュージックの大発展が当然ダブにおいてもということなのだ。アリワレーベルが紹介されたときに出た日本盤が私も聴くきっかけになっている。
そのアリワレーベルは実際には彼が設立したレーベル。それがわかるまでは・・・・・・
そう、名前を聞いてもはたしてその音は???の状況だったわけだ。
プロデューサー等として名前が出てもその音は???
だが音がジムコレーベルから紹介されると何気に入手して聞いていたというのがまあ普通の人の流れなのだろう。そして新たな展開がマッシブアタックとの共作からなどとして出ていくなどして音がある程度は入手が楽になっていった。それが1990年代における彼の位置づけだろう。
まあなんであれ彼の登場でダブの音がますますクールに、そして表現をする音としての場所を確立させていってくれているという見方は結構正しいはずだ。
しかし、まあ情報がすくないことも確かだが、日本でのライブもありの部分や日本盤が入手可能だった時代もあり何気にその音に触れることができるようになっていったことは確かだ。
ライブも1999年にフジロックに係り、その後もリー・スクラッチ・ペリーと来日するなど日本とのかかわりも出ていくという流れだ。音は本当にクールで、しっかりとくっきりと明確に作られていて非常にいい感じきくことができるものだ。なんとも言えないダブのクールさを大きく表現しているアーティストだ。
なんだろう本当にこクールさ加減は本当にいいね。

MaD PROFESSORの作品
年度 作品名 レーベル
BLACK LIBERATiON DUB CHAPTER1
ANTI-RACIST DUB BROADCAST BLACK LiBERATiON DUB 2
The Lost Scrolls Of Moses
massive attack v mad professor
RAW DUB
CAPTURES PATO BANTON
RECCAPTURES PATO BANTON
   
   
   
アーティスト名
キング・ジャミー
オーガスタス・パブロ
リントン・クウェシ・ジョンソン
プリンス・ジャミー
マッド・プロフェッサー
エイドリアン・シャーウッド
リーペリー
アフリカン・ヘド・チャージ
キング・タビー
ミュート・ビート
デニス・ボーヴェル
キース・ハドソン
ダブ・シンジケート
オムニバス盤
(C)2005-2019 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載