ジョニー・ギター・ワトソンのCDガイド  LOVE JONES 最新更新日2017年10月12日0 更新履歴 索引
LOVE JONES
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
ジョニー・ギター・ワトソンのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
LOVE JONES
いわゆるブルースとは一線をと言いたくなるような流れのなかで音が鳴り続ける感じだ。そう、この流れは前作以前でもあったこと。タイトル曲はブルース?と言いたくなるような感じになっている。音楽の進化の形態の一つであることは確かだが・・・。
まあ単純に好き嫌いの話になっていくのだろうね。
で、正直、これがまあ結構いいわけだ。聞いていてまあ呑気な感じで音を出しながらいろいろと動けたりする部分もある。要するにこの作品結構いいわけだ。とにかくはタイトル曲はタイトルにするだけのことはある感じで、思わず聞き返したりしての状況。だが、ようは昔からのブルースファンははたして???要するに音楽の進化や大きな変化を望むかどうかのところに行きつくのだとは思う。ただしこの評価もこの発売当時の状況を考えてという部分もある。この雰囲気が許される以上に、この手の音が結構世の中にあったわけだ。その中でも結構いい感じで聴けるというすごさ。そう、この作品は一般的な聞き方をしても悪くない作品ということ。ブルースにこだわるか、それとも西海岸の音楽の雰囲気を理解するか、したくないのか的な部分もあったりする。とにかくこの作品は聞き方やジョニーギターに期待、希望するものは?的な部分で評価されてしまうのかもしれない。これ結構いいからね。家での流しっぱなしにも結構たえます。本当にこの人はこの当時の時代の流れをキチンととらえていたのだな!と、いう評価でいいかと。ジョニー・ギターってとにかく結構悪くないよね
曲目
1.Booty Ooty
2.Love Jones
3.Going Up In Smoke
4.Close Encounter
5.Asante Sana
6.Telephone Bill
7.Lone Ranger
8.Jet Plane
9.Children Of The Universe
BONUS TRACKS
10.Love Jones
11.Booty Ooty
J・G・ワトソンの作品
AIN''T THAT A BITCH
A REAL MOTHER FOR YA
FUNK BEYOND THE CALL OF DUTY
GIANT
LOVE JONES
BOW WOW
アーティスト名
BBキング
マディ・ウォーターズ
マジック・サム
 SBウィリアムゾン
 バディ・ガイ
 リトル・ウォルター
 T・B・ウォーカー
R・JR・ロックウッド 
ロバート・ションソン
ローウェル・フルソン
フェントン・ロビンソン
メンフィス・スリム
 スヌークス・イーグリン
ハウリン・ウルフ
J・G・ワトソン
L・ホプキンス
J・Lフッカー
 ロバート・クレイ
 R・ウィルキンス
 スリム・ハーポ
R・ナイトホークス
ジミー・ロジャース 
 JBルノアー
 アルバート・キング
 フレディ・キング
 ルーサー・アリソン
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載