ジョニー・ギター・ワトソンのCDガイド  AIN'T THAT A BITCH 最新更新日2017年10月3日0 更新履歴 索引
AIN'T THAT A BITCH
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
ジョニー・ギター・ワトソンのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
エイント・ザット・ア・ビッチ
落ち着いたおしゃれな感覚で進んでいくというと大げさだが、通常のブルースといった感じからはずいぶん先にある印象がある作品だ。そう、ブルースというところから違う方向に向かって進むという感じが結構ある。そうブルースというよりもファンク的な音の取り方があったりするような感じが、とにかくはいままでのものとは違うよ的主張に聞こえてくるのかもしれない。だが2曲目のギターの入り方はやはりブルースといった感じだが、やはり雰囲気的な部分は明らかに過去のブルースとは一線を引きたい的なところがあるような。。。。。。思い込みだな。だが、いままでのブルースの構成というよりも、しっかりとした大人向けのポップソングという雰囲気があり、そう、ブルースの棚とポップの棚の境目におきたくなるような雰囲気の状態だ。曲そのものもブルースというよりもチャートにでも出てきそうな雰囲気の曲が多く、非常に聞きやすく出来上がっている。バックがブルースのものとは違うのだというような印象があり、やはりベースの音の出方というかリズムの切り方が完全にブルースとは一線を引いた感じで作られているようだ。この当時のブルースの新たな道といったところなのだろうか?だが、やはりそのあたりは地域性とうものもあるのだろう。やはい東というよりも西の音に聞こえてくる。本当にポップで聞きやすいブルースアルバムという見方が一番正しいのだろう。
曲目
1.I NEED IT
2.I WANT TO TA-TA YOU BABY
3.SUPERMAN LOVER
4.AIN'T THAT A BITCH
5.SINCE I MET YOU BABY
6.WE'RE NO EXCEPTION
7.WON'T YOU FORGIVE ME BABY
BONUS TRACKS
8.I NEED IT
9.SUPERMAN LOVER
J・G・ワトソンの作品
AIN''T THAT A BITCH
A REAL MOTHER FOR YA
FUNK BEYOND THE CALL OF DUTY
GIANT
LOVE JONES
BOW WOW
アーティスト名
BBキング
マディ・ウォーターズ
マジック・サム
 SBウィリアムゾン
 バディ・ガイ
 リトル・ウォルター
 T・B・ウォーカー
R・JR・ロックウッド
ロバート・ションソン
ローウェル・フルソン
F・ロビンソン
メンフィス・スリム
Sイーグリン
ハウリン・ウルフ
J・G・ワトソン
L・ホプキンス
J・Lフッカー
ロバート・クレイ
R・ウィルキンス
スリム・ハーポ
Rナイトホークス
ジミー・ロジャース
JBルノアー
アルバート・キング
フレディ・キング
ルーサー・アリソン
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載