本文へスキップ

アンクルマツのCDガイド ロック、ブルース、ソウル、ファンク、レゲェ。ベーシストCD紹介サイト 

アンクルマツのCDガイド INDEX

ジャズとアフリカのCDHEADLINE

ジャズとアフリカのCD

ジャズ

ジャズ・・・・そう私は特にわかっているわけではない。何気に思わず聞いてしまった・・そういうところの法がはるかに強い人です。何気にとにかくはまるでそういう方面が好きという人もいない世界の人間です。だがなぜか思わず聞くことがあった。そういうながれがあるときがある。。。様々な新しい音楽が出てくる中でのジャズとの関連・・・そう、何気に聞くというのがそういう状況に陥った時になります。そう、だがその新たな音楽ということで聞くことがあります。ブラッドウルマーのような状態がそれになっていきます。果たしてそのような人間に語り資格が・・・まあ音楽はみんあで聞きましょう!そういうことです。


とりあえずブルーノート。そしてフリー・ジャズ

とにかくはレーベル丸ごと一気に発売ということがあるときはまずブルーノート。代表的レーベルからの音楽。。。そういう時に語られるのがブルーノート。音楽を知らなくともこの名前だけはの世界が結構あったようなところもあります。だが定型的なものがジャズではない。。。そう、新たな音楽という流れ。。。事由自由という部分でのセッション的な、いや、違う音の追求といったところで出てくるのがフリージャズ。。。と、いうのが普通の人間の認識です。果たして?????

アフリカ

アフリカからの音。そう、一番はそこから出てくる新たな音楽、と、いうよりも世界の様々な場所からの新たな音楽という流れで紹介されることが昔は多かった。そpしてフェラ・クティの紹介・・・いきなりの一気の一括発売が廉価盤で起こり、私もその流れの時にでた、彼の作品がレコード会社が大きく力を入れて発売・・・そして聞くということがあった。そこで知った音楽に何気ににはまり。。。。だが新しいというよりも地域での音楽の解釈違いから出てきた新しいジャズの音が新たなビートにのって音がという・・・ちょっと簡単過ぎだな。・・・そういう「ことが起き、思わずという流れで聞くとなっていく。政治敵な部分が結構絡むところもあるのがアフリカの特徴でもあるのだが、その全体のリズムが聴き手を思わず楽しく躍らせるという部分が結構大きく楽しいとなっていく。アフロジャズという言葉もあった時代があった。とにかくは聞いてるという感じだったな、私は。で軽くはまっているのが現在も時々ある。俺はまあ好きだな。間違いなく人による。変な文章だな。



掲載アーティスト名
                  
アート・ブレイキー
J・ブラッド・ウルマー
オ−ネット・コールマン
フェラ・クティ
キング・サニー・アデ
ホレス・シルバー
オシビサ
ユッスーン・ウンドゥール
ディジィー・ガレスビー
JUJU
ジョン・コルトレーン
オムニバス

2020年9月現在


Google
ウェブ を検索 uncle-matu.net を検索


最新更新日 2020年9月19日

昔のインデックス