ジョージ・クリントンのCDガイド YOU SHOUDN'T-NUF BIT FISH 最新更新日2016年11月5日 更新履歴 索引
YOU SHOUDN'T-NUF BIT FISH
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
ジョージ・クリントンのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
YOU SHOUDN'T-NUF BIT FISH

ファンクの進化系というと失礼になるのだろうね。この人が大体の元祖だったりするからだ。この1983年の作品で既にラップを完全に溶け込ませている・・・現在の一般的な形の音の原型ともいっていいものだ。結構きさくに気軽に出入り口を開けてくれている雰囲気が非常に聞きやすい。歌の部分も本当にきれいな音の流れがあり全くもって本当に気楽なクラブといった雰囲気の中で作品が進んでいくというのは持ち上げ過ぎかな?
だが実際にここまでの内容でこの時期というのは、実際に非常なる進化系といったところの表現でぴったりに思えるが・・・・・
だが音作りはすでに一般化が始まっていた音のようにも聞こえる部分もある。とにかくはやはりこのビート感覚なのだろうな。
キレもありだが切れっぱなしではなく、キチンと流れる音は流れていく。そう、すべての要素を本当にうまくまとめ上げているのだ。これって昼間でも寝るときにでも同じように聞くことができるまれな作品なのかもしれない。いやあ、気分が晴れないときでも雲を吹きとばし・・・っておいおい、それでは演歌ではないか!だがここではそんなことは一切ない。やはり基本はfunk,p-funkなのだ。気分よくさわやかに!!聞くことができる。いやあ、気分いいね。これ!

曲目
1.NUBIAN NUT
2.QUICKIE
3.LAST DANCE
4.SILLY MILLAMETER
5.STINGY
6.YOU SHOULDN'T-NUF BIT FISH
ジョージ・クリントン
の作品
COMPUTER GAMES
YOU SHOUDN'T-NUT BIT FISH
SOME OF MY BEST JYKES ARE FREOMDS
R&B SKELTONS
IN THE CLOSET
THE CINDELEARS THEORY
GO FOR YER FUNK
HEY MEN SMELL
MY FATHER
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワーオブパワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョージ・クリントン
8thデイ
C・メイフィールド
O・Vライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニ・トニ・トニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・T・ダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
・ステーション
ブーツィ・コリンズ
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載