ザ・キュアのCDガイド WILD MOOD SWINGS 最新更新日2017年6月8日 更新履歴 索引
WILD MOOD SWINGS
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ザ・キュアのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
WILD MOOD SWINGS
いきなりのギターサウンド攻撃がなかなか彼らしくといった感じではじまっていく。そうとにかく出だしの攻めは凄まじい。相変わらずのキュアの音がいきなり飛び出してくる。全体にその流れで行く方向に思えてくるが、軽く失速するような感がある。そう単純にいつもながらがさすがに疲れているのが、ジャケのような感じでちょっと落ち着きがあるような違う国に軽く規定ます的サウンドになっていくのが、ちょっとお疲れのような雰囲気が軽くある。基本は相変わらずのらしさ出しまくりなのだが、軽く休憩にはいっていくような雰囲気が出てくる。そうまるで異国の地に軽くお散歩状態とでもいうのか、なんだろう、優しさを感じさせるような音になっていく。確かに彼は昔からそのような流れで作品を作り上げてきているが、かなりの過労モードを感じさせる曲ということもあり、なんとかくいままでのキュアとは違うお疲れモードを感じさせられる音の世界になっている。だがそれでも何気に軽くかけておく分には支障があるわけでもない。そう淡々と疲れているだけという雰囲気なのだ。だがとにかく出だしの音、その他の基本線的音は相変わらずの部分が多い。
ちょっとたまたま疲れているのだろう的な味わい方がちょうどいいのかもしれない。はたしてこの先はどうなっていくのだろう?
これは余計なお世話だな。。
曲目
1,WANT
2.CLUB AMERICA
3.THIS IS A LIE
4.THE 13TH
5.STARANGE ATTRACTION
6.MINT CAR
7.JUPTER CLASH
8.ROUND&ROUND&ROUND
9.GONE!
10.NUMB
11.RETURN
12.TRAP
13.TREASURE
14.BARE
ザ・キュアの作品
THREE IMAGINARY BOYS
SEVENTEEN SECONDSr
FAITH
PORNOGRAPHY
THE TOP
THE HEAD ON THE DOOR
 KISS ME KISS ME
KISS ME
 DISINTEGRATION
 MIXED UP
 ENTREAT
 WILD MOOD SWINGS
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載