マディ・ウォーターズのCDガイド   ザ・リアル・フォーク・ブルース 最新更新日2017年1月4日 更新履歴 索引
ザ・リアル・フォーク・ブルース
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
マディ・ウォーターズのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
THE REAL FOLK BLUES
いきなりのマディの叫びで始まる彼のファーストアルバム。
ブルースを聞き始めると最初に必ず名前が出てくる曲が彼に曲だったりもする。音楽として昔からあったとしても録音という形になってくるとやはりかなりの強さが出てくるのだろうというところが結構あったりもする。なにしろ録音自体がまだまだこれからの時代。しかしド迫力で迫ってくることは確かだ。
歴史的な部分としても音楽のパワーとしても生半可ではないところでもの。聞きごたえはやはり強烈にある。
しかしギターの音自体が本当に生き生きしていて一つ一つの音に魂がこもっているかのような雰囲気すらあるのが、この時代のブルースなのだろう。と、いうわけで古いとかいうような感じはあまりしないという部分もある。人間のパワーのすごさを感じさせてくれるというと大げさだが、そのぐらいの力強さがあることは確かだ。全体としてはロック側から聞くとちょっとその速度差に驚くことになることは間違いない。ロックのもとになっているとは大げさすぎ。伸びのあるスライドとともに、そして、きっちりとキレのある音とともにコンパクトにきれいにまとめあげて、じっくりと歌で迫ってくるという音がここにある。言葉が分かると一番いいのだろう、と思う。そのぐらい様々な思いをもって聞くと結構いい感じで朝を過ごせたりしてね・・・・夜は結構気分がシビアな感じになるのかもしれないが、理解できると本気で聞きごたえがあるといいうのがシカゴブルースということでいいのだろう。
やっぱり何年たっても不滅だね、この作品は。
変に聞こえるかもしれないが、一種の弾き語りとしてとらえるといいのかもしれない。録音は高音もしっかりと伸び、とにかくつややか。本気で聞きやすい音でとらえられている。
曲目
1.MANNISH BOY
2.SCREAMIN' AND CRYIN'
3.JUST BE WITH YOU
4.WALKING IN THE PARK
5.WALKING BLUES
6.CANARY BIRD
7.SAME THING
8.GYPSY WOMAN
9.ROLLIN' & TUMBLIN'
10.40 DAYS & 40 NIGHTS
11.LITTLE GENEVA
12.YOU CAN'T CLOSE WHAT YOU NEVER HAD
マディ・ウォーターズの作品
ザ・ベスト・オブ
リアル・フォーク
モア・リアル・フォーク
アット・ニュー・ポート
ファーザース&サンズ
エレクトリック・マッド
ウッドストック
・アルバム
プランティション
トラブル・ノー・モア
ハード・アゲイン
アイム・レディ
キング・ビー
ミシシッピー・ライブ
キャント・ゲット
・ノー・グラディング
ファンク・イン
・アンク
レア・アンド・
アンイシュード
アーティスト名
BB・キング
マディ・ウォーターズ
マジック・サム
S・B・ウィリアムソン
バディ・ガイ
リトル・ウィルター
T・B・ウォーカー
R・JR・ロックウッド
ロバート・ジョンソン
ローウェル・フルソン
F・ロビンソン
ライトニン・スリム
S・イーグリン
ハウリン・ウルフ
J・G・ワトソン
L・ホプキンス
J・L・フッカー
ロバート・クレイ
Rウィルキンス
スリム・ハーポ
R・ナイトホークス
ジミー・ロジャース
J・B・ルノアー
アルバート・コリンズ
フレディ・キング
ルーサー・アリソン
ジェイムズ・コットン
リトル・ミルトン
C・G・ブラウン.
R.L.バーンサイド
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載