jimmy page robert plantのCDガイド  NO QUATER 最新更新日2019年10月20日 更新履歴 索引
NO QUATER
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
レッド・ツェッペリンのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
NO QUATER

本当にいまだにびっくりの展開での発表だったような・・・テレビでのアンプラグドライブが流行し、その流れで彼等もの世界だったかというような覚えがあるが正しいかどうか・・・・、まあそれはどうでもいい話だ。脅威のライブだ。本当にすさまじく歌は強烈、バックはペイジ。まあその段階でも、もう、脅威そのものだったかと。その通りの演奏が展開される。本当に脅威のライブだ。世界がここにすべて表現されているかのような錯覚を覚えるというと、ちょっと大げさ化もしれないが、そのぐらいのすさまじきライブだ。強烈な音の塊ではなく、本当に歌とギターの素直な音に適度にそれを補強するパーカッシブな音が絡んでくる。すべての世界を必要最小限で完全に表現しているというと、おおげさなのかもしれないが、そのぐらいの音が目のまえで広がっていく。世界観が本当にかわっていくかのような音だ。宗教的というと大げさかもしれないが、軽く宗教的な雰囲気、そう映画なので宗教的な部分を表現するときのような感覚を覚える部分があるところがこの作品をあからさまに支えているのだろう。要するに彼らの本気がそこにあるということなのだろう。ツェッペリンの終盤の音が枯れていったころからの大復活がこの作品なのかもしれない。大傑作と言っていいのような感覚を覚えることは間違いなく確かだ。すごい!そうとしかいいようがない。曲には彼らのものではなくtraditionalと表示されるようなものもある。この作品の宗教的な雰囲気はその古典の演奏という部分、そしてそれに通じる彼らの世界があるからなのかもしれない。何年たとうが聞いているであろう音が目のまえで展開されていく。繰り返しになっていまうが、間違いなく大傑作と言っていいだろう。

曲目
1.NOBODY'S FAULT BUT MINE
2.THANK YOU
3.NO QUATER
4.FREINDS
5.YALLAH
6.CITY DON'T CRY
7.SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
8.THE BATTLE OF EVERMORE
9.WONDERRFULL ONE
10.WAH WAH
11.THAT'S THE WAY
12.GALLOW'S POLE
13.FOUR STICKS
14.KASHIMIR
レッド・ツェッペリンの作品
V
PHYSICAL GRAFFITI
PRESENCE
THE SONG REMAINS
THE SAME
MOTHERSHIP
PAGE PLANT
NO QUATER
 
 
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイルカウンシル
キング・クリムゾン
Rストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
ザ・クラッシュ
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
ヤードバーズ
スペシャルズ
ポール・ウェラー
ロッド・スチュワート
(C)2005-2019 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載