スタンリー・クラークのCDガイド  モダーン・マン 最新更新日2017年1月10日 更新履歴 索引
MODERN MAN
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
スタンリー・クラークのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
モダーン・マン
結構こった作りで迫ってくるスタンリー・クラークの作品だ。ベーシストというよりも本当にアーティストといった趣の作品。ベースがとにかく特に強調されるということも、余計な部分では全くない。本当に曲とか全体の作品ということをキチンと意識して、見事に作られている作品だ。本当に全体に統一感があり、ジャズ・フュージョンということではなく。ポップスの王道的なつくりが結構あり、本当に1枚見事に迫ってくるという、なんというのだろう本当に見事な聞き飽きない作品だ。
と、言ってもやはりところどころで出てくる彼のベーシストの業は本当に素晴らしい。なぜにここまでベースにキチンと語りかけさせるのか?そう余計にしゃべっているのではなく、キチンと全体の中での自分の場所を守りつつも、だがベーシストとしての語りかけをわすれていない!本当に魅力あふれる作品だ。ジェフ・ベック参加作品もあり、本当に何年たっても飽きがこない構成とうまさがここにはある。
生命力を感じる作品というものがよくあるが、この作品もそれに当てはまる。ベースが後ろで走りまくる瞬間や語りかけてくる瞬間そして全体のまとまり、本気で素晴らしいいい感じの作品だ。
だがはたして彼のベースラインをコピーできるのだろうか?
いやあ、真剣に凄過ぎ!!
曲目
1.OPENING STATEMENT
2.HE LOVES OH
3.MORE HOT FUN
4.SLOW DANCE
5.INTERLUDE
 A SERIOUS OCCASION
6.GOT TO FIND MY OWN PLACE
7.DAYRIDE
8.INTERLUDE
 IT'S WHAT SHE DON'T SAY
9.MODERN MAN
10.INTERLUDE
  A RELAXED OCCASION
11.ROCK'N ROLL JOLLY
12.CLOSING STATEMENT
スタンリー・クラーク
の作品
スタンリー・クラーク
 ソロ
スタンリー・クラーク
ジャーニー・トゥ・ラブ
スクールデイズ
モダーン・マン
THE BASS-IC COLLECTION
共演盤
ザ・クラーク・デューク・プロジェクト
アーティスト名
ジャコ・パストリアス
ブーツィー・コリンズ
ラリー・グラハム
マーカス・ミラー
スタンリー・クラーク
ウィリー・ウィークス
J・ジェマーソン
チャーリー・ミンガス
ロッコ
R・H・チリペッパーズ
R・シェイクスピア
ジャック・ブルース
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載