ハウリン・ウルフのCDガイド  モーニン・イン・ザ・ムーンライト 最新更新日2017年10月18日 更新履歴 索引
モーニン・イン・ザ・ムーンライト
ブルースのCD

アンクルマツのCDガイド
ハウリン・ウルフのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
moanin' in the moonlight
声は太いがノリは実際は軽めに作られているところで結構バランスが取れている。そういう面から聞くと以外とポップというかサイケ的な雰囲気があったりしてかなり不思議な音に聞こえてくる。そう、ブルースというカテゴリーだけでこだわって聞くよりも違う方向から聞くとこの人のことはよくわかるのかもしれない。そう、いわゆるシカゴではないわけだ。そういう面でいくと結構先進的な音を何気に作ってしまっていたということなのかもしれない。しかしバックのギターのヒューバート・サムリンは本当に優秀。そういう中でも自分を崩さず、細い弦のはじきのゆるさを利用した音で結構いい感じというよりも彼でしか出せない味を見事に出している。そういう中でのウルフ。本気でブルースだけでとらえてもいいのだろうか?と、まあ勝手に言うと本気で怒られそうだが、現実にかなり変わっているということが認識されないと本質が分からないのではないかと思う。しかし本当に不思議なおっさんの世界だ。何気に最近はまってしまっているのがなぜかウルフ。そう、サイケやロックやタダブを聞きながら、まさしく精神的なものは本当に一緒なのではないのか?という思いで聞いています。こんなことを言ったらブルースカフェ系のところに居る人には思わず殴られそうな気もするが・・・・まあいいや。人によって聞こえ方が違う音がこのハウリン・ウルフの作品だ。ファーストから完全にそのノリであったことが何気にうれしく感じる俺は、変な人なのだろうか
曲目
1.MOANIN' AT MIDNIGHT
2.HOW MANY MORE YEARS
3.SMOKESTACK LIGHTNIN'
4.BABY HOW LONG
5.NO PLACE TO GO
6.ALLNIGHT BOOGIE
7.EVIL
8.I'M LEAVIN' YOU
9.MOANIN' FOR MY BABY
10.I ASKED FOR WATER(SHI GAVE ME GASOLINE)
11FORTY FOUR
12SOMEBODY IN MY HOME
ハウリン・ウルフの作品
SINGS THE BLUES
MOANI' IN THE MOONLIGHT
HOWLIN WOLF
THE REAL FOLK BLUES
MORE REAL FOLK BLUES
CHANGE MY WAY
AIN'T GONNA BE YOUR DOG
THE BACK DOOR WOLF
アーティスト名
BBキング
マディ・ウォーターズ
マジック・サム
SBウィリアムゾン
バディ・ガイ
リトル・ウォルター
T・B・ウォーカー
R・JR・ロックウッド
ロバート・ションソン
ローウェル・フルソン
フェントン・ロビンソン
メンフィス・スリム
スヌークス・イーグリン
ハウリン・ウルフ
J・G・ワトソン
L・ホプキンス
J・Lフッカー
ロバート・クレイ
R・ウィルキンス
スリム・ハーポ
R・ナイトホークス
ジミー・ロジャース
J・B・ルノアー
アルバート・キング
フレディ・キング
ルーサー・アリソン
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載