アンクルマツのCDガイド    ジョージ・クリントンのCDガイド 最新更新日2016年11月9日 更新履歴 索引
ジョージ・クリントン
ソウルのCD
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
ジョージ・クリントン、ショートストーリー

P-ファンクの総帥ジョージ・クリントンは1941年生まれ。もう還暦を過ぎてしまった。彼の始まりは1950年代半ば、ザ・パーラメンツという名前のコーラス・グループからだ。デビューは1958年APTと言うレーベルから出した時だ。その後「ニュー」「ニューアーク」というレーベルから作品を出すものの泣かず飛ばずでデトロイトへ向かうなんとモータウンに在籍(約5年間)するもここでもなかず飛ばずに終わる。ただしこのころの作品はマイケル・ジャクソンにも取り上げられたりもしている。その後「レヴィロット」から作品を出しようやく全米チャートにも顔を出したりするようになる。このときの曲は「I WANNA TISTIFY」でR&Bチャートで3位全米チャートで20位まで上昇しその後、自己セルフカバー(パーラメンツ)J・テイラー果てにはロニーウッドにまでカヴァーされている。この後は契約トラブルがあるもののパーラメントとファンカデリックという2大強力ファンク・バンドを率いスターダムにのし上がっていく。 これらののバンドの活動を終え1983年ソロアルバムを出すも、残念ながらここまでのパワーはなくレーベルもキャピトルに移ったりしたり裁判沙汰があったりして没落の一途をたどる。そのなかでP-FUNK ALLSTARS としての活動もあるがもう過去には戻れなかった。「ペイズリーパーク」(プリンスのレーベル)から1989年に復活作をだすが大きな活動はこのあたりで終了したロックバンドとのコラポレーションがあったりもするが長く続かず。さすがの御大も90年代までは到達できなかったがその作品はいつの時代でも輝く続けるものなのだ。

ジョージ・クリントンの作品
年度 作品名 レーベル
1983 Computer Games capital
1983 You Shouldn't-Nuf Bit Fish
1985 Some Of My Best Jokes Are Freinds
1986 R&B Skeletons In The Closet
1989 The Cindelera Theory
1992  GO FER YER FUNK  P-VINE 
1993 Hey Men Smell My Finger
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
C・メイフィールド
タワー・オブ・パワー
ファンカデリック
ヴァーノン・ギャレット
パーラメント
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
8th デイ
ダニー・ハサウェイ
ジョーシ・クリントン
OVライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニ・トニ・トニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
GRAHAM CENTRAL STATION
ブーティ・コリンズ
FUNK INC
オーティス・クレイ 
ボビー・ウォーマック
オムニバス
(C)2005-2019 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載