ジェイムズ・ブラッド・ウルマーのCDガイド  FREE LANCING 最新更新日2017年8月30日 更新履歴 索引
FREE LANCING
JAZZ&AFRICA

アンクルマツのCDガイド
ジェイムズ・ブラッド・ウルマーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
 フリー・ランシング

ブラッドウルマーのメジャー第一作。いやあ謎の音階から・・っておいおい、まあ今やというか当時さんざん音楽雑誌が騒いだハーモロディックが有効な中で始まるまだまだ軽いぜ状態のブラッドウルマー。そう、当時はとんでもない反響というかみんながびっくりで大爆発の大騒ぎだったのが懐かしい。今????まあやっぱりそれが日本だねということだな。ここでの彼のギターはいつもと一緒。それなりの歴史のある中でのそれなりの年齢で出てきたいるから、変なものではなく、やはりなんとなく覚えられるものとしてキッチリと聞き手側は何気に整理されているというのが本当だろう。だが、はたして今は????
基本はとにかくは宇宙人の襲来に近い飛び出し方だったがために、異様なものではから始まりで、そして聞きビックりで、だが冷静になってきて楽器で自分で考えると受け止め方を変えれば実は結構オーソドックスであつということが分かる。ここでの音楽は基本はジャズ・ファンクとでもいえるもの。特別なものではない。そう、何気に思わずセッションで誰かがやってそうな音だ。むしろその音楽の流れの中でキチンと中心に絡んでいく様がなかなか勇敢でカッコイイということだろう。だがきっとこれって世代や年代でまったく違う感想になるんだろう。そう、音楽の種類を結構知っている分かっている層と街中のギタリストのお兄ちゃんとでは当然受け止め方が違って当然。玄人はあっても不思議ではない音。素人はびっくり。そう、聞き手の音楽遍歴で評価が変わってしまうと音なのだろう。まあ、聞きなれてしまうことが結構大事かもね。基本はオーソドックスよこの人は、間違いなく。

曲目
1.TIMELESS
2.PLEASURE CONTROL
3.NIGHT LOVER
4.WHERE DID ALL THE GIRL'S COME FROM?
5.HIGH TIME
6.HIJACK
7.FREE LANCING
8.STAND UP TO YOURSELF
9.RUSH HOUR
10..HAPPY TIME
ジェイムズ・ブラッド
・ウルマーの作品
FREE LANCING
BLACK ROCK
BLACK & BLUES
 
アーティスト名
アート・ブレイキー
ジェームズ・
ブラッド・ウルマー
オーネット・コールマン
フェラ・クティ
キング・サニー・アデ
ホレス・シルバー
サウンド・デ・アフリカ
メッセージ・フロム
・モザンビーク
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転