ザ・フーのCDガイド  WHO'S NEXT 最新更新日2017年4月8日 更新履歴 索引
WHO'S NEXT
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ザ・フーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
WHO'S NEXT
彼らの代表作だ。代表曲でありライブの締めにも使われているwon't get fooled again が収録されている。それ以外でもとにかくはこの時期がウッドストックの後であったり、コンセプトアルバム的なものを作っていた時期でもあり充実しきっているところが単純のハードさの追及だけではなく、歌その物の追及といった雰囲気もありで、いつまでたっても変わらない風味が本当に最高の持ち味というすごさをもった作品だ。そう、ここでの収録がある作品はその後のライブ盤でも演奏されているものが多く、WHOの基礎とでもいえそうなところが本当にこの作品が重要な部分といえるところなのだろう。何気にジョン・エントウィッスルのマイワイフがいい感じで聞こえてくるところも新鮮だ。とにかくはバラードの充実がすごいのかもしれない。BEHIND BLUE EYESはいまだに聞きつがれているようなところもあり、それ以上にこの曲の美しさがいまだに有効であるという部分にこの時期のWHOの充実の状況が見えてくるところなのかもしれない。いまだに有効な要素を持ち続けるこの作品のよさはいったいいつなくなるのだろう?そう、1970年代のすごさを表現する作品の一つといっても過言ではないだろう。いまだに有効な曲が存在しているすごい作品だ・・・といいつつも収録時間やはりLPの時代だったのだということをいまだにわせれさせないというわけのわからない不思議さのさる作品でもある。
曲目
1.BABA O'RILEY
2.BARGAIN
3.LOVE AIN'T FOR KEEPIN'
4.MY WIFE
5.THE SONG IS OVER
6.GETTIN' IN TUNE
7.GOIN' MOBILE
8.BEHIND BLUE EYES
9.WON'T GET FOOLED AGAIN
ザ・フーの作品
A QUICK ONE
TOMMY
LIVE AT LEEDS
WHO'S NEXT
WHO ARE YOU
THE KIDS ARE ALRIGHT
 
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
MAGAZINE
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載