ザ・フーのCDガイド  ライブ・アット・リーズ 最新更新日2017年4月14日 更新履歴 索引
LIVE AT LEEDS
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ザ・フーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
LIVE AT LEEDS
彼らの伝説ともいえる時期の代表的ライブ盤だ。現在は過去の発表当初とは違い、いっそうの長時間盤も出ている。発売当初はこの中の代表的曲だけのアナログで、なんともとにかくはド迫力の部分だけをピックアップしただけのものであった。だが、それでもその当時は驚異的な音としてとらえられ凄まじく高い評価を受けたいた作品だ。ウッドストックの伝説とも重なる時期でもあり、本当に演奏力は凄まじいものになっている。突っ込みが主体の部分からきちっりとうたわれていくものまで(ただしそれもザ・フーの音になって仕上がっているのだが)本当にとにかくは休務ことを知らない汗かきまくりの音が、とにかく人の心と本能をとらえ、本当に離れられなくなってしまう快感がある。ただしこの当時は日本ではまだまだWHOは海の向こうの人的ぞんざいでもあったようだ。まだまだイギリスの音がキチンと伝わってくる前という部分もあったのだろう。ヤングマン・ブルースがすべてに近い扱いがあった過去とは違いなぜにこんな感じでの曲が最初に来ているのかの理解もある時代になったこともあり、より一層楽しめる環境にもなっている。しかし。このまとまりは本当に凄まじいものだ。キース・ムーンがまだまだ大全盛の時代ということもありバンド全体の音ががっちりとまとまっているのがこの作品のすごさだろう。彼らを知るには手放せないライブ盤であり、それ以上に彼らそのものといっていい音はいまだに輝きを失わないどころか輝き続けているようにしか思えない!本当に凄まじく、すごい作品だ。そして、いまだにマジックバスは魔力をはなちつづけている
曲目
1.HEAVEN AND HELL
2.I CAN'T EXPLAIN
3.FORTUNE TELLER
4.TATTOO
5.YOUNG MAN BLUES
6.SUBSTITUTE
7.HAPPY JACK
8.I'M A BOY
9.A QUICK ONE,WHILE HE'S AWAY
10.AMAZING JOURNEY/SPARKS
11.SUMMERTIME BLUES
12.SHAKIN' ALL OVER
13.MY GENERATION
14.MAGIC BUS
ザ・フーの作品
A QUICK ONE
TOMMY
LIVE AT LEEDS
WHO'S NEXT
WHO ARE YOU
THE KIDS ARE ALRIGHT
 
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
MAGAZINE
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載