エレクトリック・フラッグのCDガイド ザ・トリップ 最新更新日2016年12月1日 更新履歴 索引
THE TRIP
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
エレクトリック・フラッグのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
THE TRIP

 なんだろう、80年代のデビッド・ボウイがやっていた・・・、いうことは参考にされるような場所にいたということでいいのだろう、そのぐらいは現実には高く評価されていいバンドが、と、いうよりもマイク・ブルームフィールドがやっていたバンドの映画のサントラがこれ。主演はジャック・ニコルソンのものだったようだ。
ギタリストがというような部分はあまり感じさせない、本当に映画音楽の作成しました的作品だ。M-23あたりはこの時の画面がどのくらいゆれていたのだろうか?とか勝手に考えて楽しみたくなるような雰囲気の曲。そうとにかくは当時のアメリカでの音楽の位置がどこにあったのか、勝手に想像できてしまうような状況になっているところが1960年代のアメリカ。他でもあるような楽器の使い方が普通ではあるが、だがサイケ的雰囲気をもたらすには最高の出来になっていることは確かだ。
1960年代後半以降がいったいどのような時代であったかを、頭の片隅にいれながら聞くと変な楽しみかたもできることは間違いない。ここにある音楽の大部分がサイケというよりも、画面の変わった流れをひたすらのめりこみ、聞き続けるというような位置づけをされるののだろう。
典型的サイケデリックの作品だろう。うーむ?

曲目
1.Peter's Trip
2.Psyche Soap
3.M-23
4.Synesthesia
5.Hobbit
6.Fewghh
7.Green And Gold
8.Flash,Bam,Pow
9,Home Room
10.Peastice Music
11.Fine Jung Thing
12.Senior Citizen
エレクトリックフラッグ
の作品
A LONG TIME COMIN'
THE TRIP
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベット
アンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキングヘッズ
エレクトリックフラッグ
オールマンブラザース
ジミ・ヘンドリックス
ドアーズ
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・Hチリペッパーズ
デビッド・バーン
ジェリー・ハリソン
エイドリアン・ブリュー
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載