ヴェルベット・アンダーグラウンドのCDガイド  LIVE MCMXCV 最新更新日2016年10月5日 更新履歴 索引
LIVE MCMXCV
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ヴェルベット・アンダ-グラウンドのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
LIVE MCMXCV 

 いきなりの再編成であったが、中身はそのままといっていい感じであった。その昔のライブ盤よりもはるかに演奏力は高く、内容もかなりのパワーアップの状態。ヴィーナス・イン・ファーズは再び頭から離れなくなるような感じの説得力ある演奏になっており、そこからのその昔のヴェルヴェット節がよみがえってくるような雰囲気が出始めてくる。メンバーの歌などもあり、ルー・リード=ではないヴェルヴェットの魅力が結構、永遠のものなのだという実感がわいてくる。
そう懐メロになりそうなところが、そうはならずに現代に復活してきたというところなのだろう。ALL TOMORROW'S PARTYが今だに有効という部分には本当に圧倒される。ギターをたたきつけるような、いやかき鳴らすような音には、その思い込み的弾き方が永遠に変わらないものだということを実感させられる。
DISC2以降はますますバンドの音がまとまっていき、非常に吸い寄せられるような構成になっていく。Hey Mr.Rainが火付けとなり代表曲の連発になっていく。しかしルーのフィードバックは本当に気合が入りって、おいおい。とにかく終盤戦は本当に名曲ラッシュ。ベスト盤を生ライブで聴いているかのような気分にさせてくれるぐらいの熱い演奏が続いていく。これが再編ということは、もし継続できていたら・・・・・・・だがこれもその後のメンバーのいろいろあるの部分から出ているのだから・・・・・だがルーはこの世にはいない。合掌

曲目
DISC1
1.We're Gonna Have a Real Good Time Together
2.Venus In Furs
3.Guns I'm Falling In Love
4.Afterhours
5.All Tommorows Party
6.Some Kinda Love
7.I'll Be Your Millor
8.Beginning To SeeThe Light
9.The Gift
10.I Heard Her Call My Name
11.Femme Fatale
DISC2
12.Hey Mr Rain
13.Sweet Jane
14.Velvet Nursery Rhyme
15.White Light White Heat
16.I'm Stickung With You
17.Black Angel's Death Song
18.Rock'n Roll
19.I Can't Stand It
20.I'm Waiting For The Man
21.Heroin
22.Pale Blue Eyes
23.Coyote
ヴェルベットアンダーグラウンドの作品
VU WITH NICO
WHITE LIGHT
WHITE HEAT
V
LOADED
1969
マクシス・カンサスシティ
LIVE MCMXCV
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベットアンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキングヘッズ
エレクトリックフラッグ
オールマンブラザース
ジミ・ヘンドリックス
ドアーズ
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・Hチリペッパーズ
デビッド・バーン
ジェリー・ハリスン
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載