アンクルマツのCDガイド     キング・タビーのCDガイド 最新更新日2017年7月20日 更新履歴 索引
キング・タビーのCD
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
キング・タビー
1941年キングストン生まれ本名オズボーン・ラドックだが1989年2月6日自宅前で射殺された。1968年にはすでサウンドシステムを経営していた。そのころからコクスンスタジオで音を買いあさり自分のサウンドシステムで独占プレイ注目を浴び、人気が定着したところでレコードリリースという流れで動いていた。そのうちしばらくは普通にダブではなくヴァージョンでプレイしていた。そのうちに手持ちシステムが大きくなっていき気が付くとディレイシステムまで作り上げその音を作り上げていった。リミックスもあるがドラム&ベースで歌を入れつつもサウンドでの工夫で大きくなっていった。そうこうするうちに全体がまとまっていく感じになっていき結構有名どころのエンジニアなども参加するようになっていきその音が固まっていくような状態になっていった。とにかくはサウンドの作る歴史が生半可なものではなく常に何か新しいものをといった感じでもあったようだ。そう、だから当然のごとく様々なエンジニアやプロデューサーが集まってきて80年代初頭には彼のスタジオの建設もされるという状況にもなっていった。そのながれで最大級のプロデューサーになっていくかとおもった時に上述の事件が起こり彼はこの世から去ってしまった。
しかし彼のダブサウンドはダブの基礎ともいえるものであり、様々な音の基本はここにあるといってもかなわないぐらいのものになっている。エコーや音に切り方にサウンドの中でのリズムの切り方、そうダブを印象づけるすべての要素が彼の元で作られ、そして広がっていった感のある天才的男であった。しかしその音がダブの基本ともいえる音であるのでいまだに色あせることなく聞くことができるのは本当にものすごい!いやあ、本気でいつまでもどこからか新たな音が出てくるかのような錯覚に襲われるのは、なんとも言えず本当に面白い。
オムニバス作品
年度 作品名 レーベル
  DUB GONE CRAZY
 
   
   
   
   
   
   
     
     
     
     
ダブアーティスト
キング・ジャミー
オーガスタス・パブロ
リントン・クゥエシ・ジョンソン
プリンス・ジャミー
マッドプロフェッサー
エイドリアン・シャーウッド
リー・ペリー
アフリカン・ヘッド・チャージ
キング・タビー
ミュート・ビート
デニス・ヴォーヴァル
キース・ハドソン
ダブ・シンジケート
オムニバス盤
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載