アンクルマツのCDガイド  DENNIS BOVELLのCDガイド 最新更新日2018年3月1日 更新履歴 索引
DENNIS BOVELLのCD
DUB
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
デニス・ボーヴェル、ショートストーリー
マトゥンビからはじまり、その卓越したプロデュース能力で様々なアーティストのプロデュースを行いその名前を大きくしていったことが懐かしい。本当にこの人の名前があるだけでなにが行われていくかの想像がつく感じが凄まじかったのが懐かしい。本気で彼の音というだけでもはたしてどこまで様々な音で攻め込んでくるのかが楽しみになる感じがあったような覚えがある。特にリントン・クウェシ・ジョンソンとの行動は、一番の馴染みになるところなのかもしれない、。LKJがなぜにあそこまでダブ・・ポエットとしての評価を得ていくことになったのか?そう、それはやはり彼の卓越した音作りからやってくる説得力があるからといえるのだろう。いまだに彼の音における様々な音の表現は記憶に残っていく音になりその柔らかさと説得力は永遠の響きを持つ音の元になっているように思えてくる。呑気に聞いても、力を入れまくって聞いてもどんな感じでも、不思議な力を湧き立たせてくれる。不思議であるがきっちりを計算されたかのような音は本当に様々な音を際立たせてくるものだ。時々でも流しっぱなしでも大丈夫な彼の音はいまだに輝きを失わない不思議さがある。
デニス・ボーヴェルの作品
年度 作品名 レーベル
AH WHO SEH? GO DEH! EMI
LEGGO ah-Fi-We-Dis EMI
  STRICLY DUB WISE   
1993 TACTICS LKJ
1996 Dub of Ages LKJ
2006 AUDIO ACTIVE LKJ
ダブアーティスト
キング・ジャミー
オーガスタス・パブロ
リントン・クゥエシ
ジョンソン
プリンス・ジャミー
マッドプロフェッサー
エイドリアン
・シャーウッド
リー・ペリー
アフリアン
・ヘッド・チャージ
キング・タビー
ミュート・ビート
デニス・ボーヴェル
キース・ハドソン
オムニバス盤
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載