ピーター・ガブリエルのCDガイド US 最新更新日2017年8月3日 更新履歴 索引
US
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ピーター・ガブリエルのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
US
とにかくは前作踏襲ということでもいいのかもしれない。
結構傑作扱いされていたりもするのだが、あれだけ独特の世界を作り上げクリエイティヴそのものから特に変化がない世界が延々と続く・・・・・うーむ・・・と、言うこと。
個人的な感想に過ぎないのかもしれない。だが彼に求めていたものがどうも・・・・・うーむ、と、感じているだけ・・期待が大きすぎるのだろう、きっと。
このあたりが彼の年齢がという世界になっていくのかもしれない。傑作云々ではなく普通に聞くには結構いい感じもあるが、結構同じものがあるような状況になっているということがやはりちょっとというのが本当のところななのかもしれない。
Wが結構強烈過ぎたということなのだろう。ビコを含むVもあったことという部分で見劣りがするという悲しい状態に入っているのかもしれない。期待するものが大きいと普通に前作踏襲だと、うーむ・・・と、いうだけなのかもしれないが。
こういったタイプの人の弱点が常にかなりの高度なクリエイティヴな状態がないと、すぐに?となることなのかもしれないが。。。。
なんであれ衝撃といったものはない作品。
結局新たなビートが登場しなければ結構大変過ぎるという状況があるだけなのかもしれないが・・・・・・
なんであれ、そう積極的に聞くような作品でもないことは確かだ。あまりにも過去がクリエイティブすぎたことの・・・・・・・
悪くはないよ、だけど・・・・・と、いうことです。
曲目
1.COME TALK TO ME
2.LOVE TO BE LOVED
3.BLOOD OF EDEN
4.STREAM
5.ONLY US
6,WASHING OF THE WATER
7.DIGGING IN THE DIRT
8.FOURTEEN BLACK PAINTINGS
9.KISS THAT FROG
10.SECRET WORLD
ピーター・ガブリエル
の作品
T
U
V
W
PLAYS LIVE
BIRDY
 SO
 PASSION
 SHAKING THE TREE
 US
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載