アンクルマツのCDガイド     スージー&ザ・バンシーズのCDガイド 最新更新日2017年8月5日 更新履歴 索引
スージー&ザ・バンシーズ
ブリティッシュ&ヨーロッパのロックのCD
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
スージー&ザ・バンシーズ、ショートストーリー
パンクの初期からいきなり飛び出してきたバンドのひとつ。当時の女性ヴォーカリストがどんどん消えていくのとは違い、圧倒的な歌唱力で生き残っていったスージー・スーが中心のバンド。だが演奏力がきわめて高いことも事実で、ドラムのバッジーなどは本当に強烈なドラミングで知られている。またギタリストはジョン・マクガフ(マッギオーク)強烈なギタリストが存在しそれだけでもこのバンドの特性が表現されるところにつながっている。当初のヘルタースケルターのコピーが本当に強烈でそれだけでも完全に受け入れられたことが記憶にある。そう、このバンドはパンクを手がかりに浮き出てきたサイケバンド的存在というのが特にノクターンなどで聞くことができる。単純にタテノリの他のバンドとは違い、明らかに空間の広がりやそこから出てくる空想の世界を表現しそしてそれをスージー・スーの強烈な歌で広めていく!とういった女性ヴォーカリストバンドの頂点(ただしこれを認めない人は大勢いるだろう)にたっていたバンドということで聞いていくのがいいのかもしれない。途中からはスージー・スーの独壇場になっていったような覚えもあるが、このバンドは全体のまとまりが真にまとまっているので特にライブ盤は手放せない魅力にあふれている。一番いい効き方は女性のサイケバンドの縦切りという感覚なのかもしれない。本当に独特の魔力あふれる凄まじいパワーを持つバンドだ。
いまだに聞き続けていりのがその証拠だろう。毒が結構あるのが逆に本当に魅力につながっているとことがこのバンドの特性でもあるのだろう。
本当に凄まじい女性ヴォーカルバンドだ・・・麻薬がなければ、もっと日本にも・・・・
SIOUXSIE & THE BANSHEESの作品
年度 作品名 レーベル
1978 The Scream
1979 Join Hands
1980 Kaleidscorpe
1981 JuJu
1982 Kiss in The Dreamhouse
1983 Noctune
1984 Hyaena  
1986 Tinderbox  
1987 Through the Looking Glass  
 1988 Peepshow   
 1991  Superstition  
 1995  Rapture  
 2002  The Seven Year Itch  
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
ザ・クラッシュ
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
YARDBIRDS
SPECIALS
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載