トラフィックのCDガイド  SHOOT OUY AT THE FANTASY FACTORY 最新更新日2017年4月19日 更新履歴 索引
SHOOT OUT
AT THE FANTASY FACTORY

イギリスのロックのCD
アンクルマツのCDガイド
TRAFFICのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
SHOOT OUY AT THE FANTASY FACTORY
軽快に始まる7枚目の作品。気軽攻め込んでくるトラフィックといったところでいい感じの音がここで聞くことができる。
ビートが結構普通のものというのがこの作品の欠陥なのだろう。そのためにイマイチ盛り上がってこないというのも確かだ。だがウィンウッド自体は好調ってプロデュースがウィンウッド。
そう実質ソロアルバムに近いものになっているということなのだろう。ひたすらギターが弾きまくるという部分もあり、それが結構マイナスかなといううところが結構ある。
全体としては落ち着いた感じでヴォーカル作品というよりもバンドの演奏的な部分がきわめて多い作品で、またソロ的な音が別にこのバンドのものである必要でもない音であったりもするのがあまりいい感じにさせてくれない原因なのだろう。
別にトラフィックである必要もないというところにどうしてもなっていってしまう。ファンタジー・ファクトリーがどこにあるのかが問題なのかもしれない。
ウィンウッドの求める世界がこの音なのなのだろう。そう、そこに何かがあるのではなく気楽な隠居の場という印象が強くなるのはとにかくはここでしかない音というものがここにはないからだろう。街中のライブハウスの音であればきっといいのだろう。だがこの作品の発表の場は・・・・・、まあそういうことなのだ。
曲目
1.SHOOT OUT AT THE FANTASY FACTORY
2.ROOL RIGHT STONES
3.EVENING BLUE
4.TRAGIC MAGIC
5.(SOMETIMES I FEEL SO)"UNINSPIRED"
トラフィックの作品
MR.FANTASY
TRAFFIC
THE BEST OF TARAFFIC
 LAST EXIT  
JOHN BARLEYCORN
MUST DIEd
THE LOW SPARK OF
HIGH HEELED BOYS
SHOOT OUT AT
FANTASY FACTORY
WHEN THE EAGLE FLY
FAR FROM HOME
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
 ザ・クラッシュ
スージー&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
MAGAZINE
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載