アンクルマツのCDガイド     ロバート・ジョンソンのCDガイド 最新更新日2016年6月18日 更新履歴 索引
ロバート・ジョンソンのCD
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記 
ロバート・ジョンソン、ショートストーリー

 その昔、いや大昔スライドギターを覚えたくていろいろ調べていたときに初めて知ったのがこの人。きっかけは某巨大ロックバンド。そう、単純の有名曲をコピーできるようにで思わず。その上子供のころだったから必殺のフォークギター。買ってもらっただけでも大興奮の時代。さすがに小学生にブルースにはたどり着かずに高校生。某巨大バンドの廉価盤でその音がどういうものかを理解した。で、思わず教本探してロバート・ジョンソンにたどり着いた。アーレン・ロス氏の教本でチューニングを覚え、いやあ、もうびっくりの世界だった。まずはそのチューニングだけでも衝撃だった。で、ロバート・ジョンソン。当時はアナログ。king of delta blues の時代だな。だが、教本以外ではその音の原点が見えずの状態。だいたいにおいてrobert johnson who?の時代。周りに知っている人はだれもいないどころかスライドの存在ら楽器屋さん以外はだれも知らずの状況だった。
で、初めて聞いた。当初は意味不明。数年たってようやくデルタブルースの意味が分かってきた。そう、スライド以前の問題だったわけだ。子供だったのだな。間違いなく。11歳のギター開始でスライド知ったのが高校1年。で何年前だ?そういう状況。デルタブルースなど周りで知っている人はだれもいない。で目の前前に超廉価版が売られている状況がでてきた。そうタワーレコードの存在が大きかったわけだ。タワーであれば・・・・で、購入。こどもには早すぎだった。だが適度に弾けるようになってきて、その音の意味と音楽への理解が出てくるとその良さがわかっていく。感情なのだな、その表現の根本が。
わかるとあとが早い。何しろ本人の写真が出てくるだけでも世界中でびっくり状況だったあの頃。そんな状況でのアコースティック・ブルース。ませ過ぎだったな。だが何気にに回りが分かってくる。日本でも評価が高まっていく。全曲集も写真付で出る。そういう神がかり的のアコースティック・ブルース。理解ができるころにはその意味も分かってくる。
何故に名盤なのか?そう理解できるときには音楽の意味が分かってくる。そういう扱いだな。っておいおいだが。そのぐらいの衝撃のブルースの原点。音楽ってまだまだ普通には最近の話なのだな・・・・進化論の世界にはいっていくのかもしれないl。

ロバート・ジョンソンの作品
年度 作品名 レーベル
king of Delta Blues Singers
king of Delta Blues Singers U
1990 The Complete recordings Columbia
アーティスト名
BB・キング
マディ・ウォーターズ 
マジック・サム
S・B・ウィリアムソン
バディ・ガイ
リトル・ウィルター
T・B・ウォーカー
R・JR・ロックウッド
ロバート・ジョンソン
ローウェル・フルソン
フェントン・ロビンソン
メンフィス・スリム
スヌークス・イーグリン
ハウリン・ウルフ
J・G・ワトソン
L・ホプキンス
J・L・フッカー
ロバート・クレイ
 R・ウィルキンス
 スリム・ハーポ
ロバート・ナイトホーク 
 ジミー・ロジャース
 J・B・ルノアー
 アルバート・キング
 フレディ・キング
 ルーサー・アリソン
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載