クリームのCDガイド  ライブ・クリームVOLUME1 最新更新日2016年6月16日 更新履歴 索引
ライブクリームvol.1
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
クリームのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記 
ライブクリームVOLUME1
解散後に発表されたライブ盤の一枚目。正直あの時代だから、これが許されたということだろう。無理して聞くよう代物ではない。そう、気分的にあこがれがあって、初めて聞くことができる感が強い。まあ年齢とかその時の身近な人間の雰囲気とかに大きく影響される可能性が高い。激しいブルースの・・・要するにロックでしかないのだが・・・・・・だがブルースということのようだ。
発展系の途中がこれだったというのがこの当時の流れだろう。
この時期に子どもであれば思わずはまり、のめりこみ、思わず楽器を買いに行って買うが・・・・・・・
そう、ちょっと考えかたの違いが大きすぎて????
というのが当たり前の感覚なのだと思う。
体育会系音楽として聞けば価値は多いにある。演奏がいい悪い以前に、いいのか?という疑問を後で持つというのが自然な作品だろう。時代が生み出した音がこれ!!
だから歴史的視野で見て聞けば、確かに価値はあるだろう。
だがその時代はとっくに終わっている。
気まぐれに聞くにはい  いけれど、真剣にのめりこむにはあくびが付きまとうかもしれない。クラプトンのファンが特に???
状況になるのではないかと・・・・・・・・・
曲目
1.N.S.U
2.SLEEPY TIME
3.SWEET WINE
4.ROLLIN'&TUMBLIN'
5.LODY MAMA
クリームの作品
フレッシュ
DISRAERI GEARS
WHEELS OF FIRE
グッバイ
ライブクリームvol1
ライブクリームvol2
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
(C)2005-20016 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載