UB40のCDガイド LABOUR of LOVE 最新更新日2017年3月16日 更新履歴 索引
LABOUR of LOVE
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
UB40のCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
LABOUR of LOVE

優しいレゲェの集大成とでも言えるラバーズロックの名盤といっていいものだろう。とてつもなく大ヒットした作品だ。そう、一部のレゲェ好きとブリティッシュロック好きの間のアーティストだったのがこの作品で一般的にも受け入れられた。とにかく音がきれいに整理されてポップで聞きやすく、演じられている曲も素晴らしいく、本当に何回聞いても飽きのこないものだけだ。そして綺麗に歌われ、その歌の説得力も素晴らしく、なん年経とうがその魅力は全くもって衰えない。しかし綺麗に整理されている音がその聞きやすさに拍車をかけている。誰が聞いても同じ感想しかもたないであろうと言い切れるだけの演奏だ。選曲もバンドにあっているのだろう。極端に難しい曲の選択はなく、歌い継がれていくようにしか聞こえてこないところがすごい。演奏力もますます磨きがかかり、その魅力から逃れようとしてもできない輝きがある。音のとらえ方なのだろうか?その一音一音がキチンと聞こえるように綺麗に録音されている部分がその魅力に拍車がかかっている。RED RED WINEは大ヒットした。そう、多くの人がこの作品にはまってしまったのだ。超お勧めのラバーズロックの名曲の演奏集。曲を覚えたいのであれば超おすすめの一枚だ。MANY RIVER TO CROSSにおける大胆なエレクトロニクスの導入は当時驚きでむかえられてのが懐かしい。まあだが日本ではほんの一部ではだったが・・・・・・

曲目
1.Cherry Oh Baby
2.Keep On Moving
3.Please Don't Make Me Cry
4.Sweet Sensation
5.Johnny Too Bad
6.Red Red Wine
7.Guilty
8.She Caught The Train
9.Version Girl
10.Many Rivers To Cross
UB40の作品
SIGINNG OFF
PRESENT ARMS
PRESENT ARMS IN DUB
UB44
UB40 LIVE
LABOUR OF LOVE
 GEFFERY MORGAN
UB40 
 THE BEST OF
 PROMISES DLISE
 THE LABOUR OF LOVE U
アーティスト名
ボブ・マーリ-
ピーター・トッシュ
バニー・ウェイラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
 G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル
トゥーツ&ザ・メイタルズ
ザ・ヘプトーンズ
ジョディ・モワット
オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載