本文へスキップ

アンクルマツのCDガイド ロック、ブルース、ソウル、ファンク、レゲェ。ベーシストCD紹介サイト 

アンクルマツのCDガイド INDEX

JOHN BARLEYCORN
MUST DIE
TRAFFICのCD
HEADLINE

ジョン・バーレイコーン・マストダイ

JOHN BARLEYCORN MUST DIE 優しげに始まり、
そして演奏に時間が経つにつれ熱さがノリはじめ
そしてひとまとまりになってい。
バンドがどのように成立し、そして次に進むの?
その答えがこの作品にあるように思えてくる。
なんだかんだでスティ-ヴィーの声は熱さを帯び
そして増していく。この歌のノリがこの作品を
完全に支えきっている状況だ。 そう、そしてバンドが
完全に一体化したときのまとまり方はすごく
訴えかけてくるものが言葉の壁を飛び越えて
やってくるかのような錯覚にまで陥らさせられてしまう
この作品は本当は地味な内容であることが
予想されるが、現実の演奏はそれらをすべて
乗り越えてトラフィックというバンドの存在を明確に
して、そしてそれを本物の武器としてやってくるかの
ような熱さとすごさを携えて襲ってくる。
だがなんだかんだのウィンウッドの声だろう。
すべてを明確にして完全にこちらの聞きたい気分を
持って行ってしまう。そう、何故にという部分の解答
が彼の声にあるのだということがこの作品の真の
魅力なのだろう。しかしキチンと明確に割り振られ
見事に演奏しきるそのバンドとしての力も、もの凄い
ものがある。ベースだけ聞いていても思わずそれで
満足させられてしまう音がここにある。
派手なものはないが、とにかくこの作品で訴えたい
ものはすべて伝わってくる。ここに紹介しているもの
はアイランドリマスタの一枚として出たもの。
ボーナストラックとライブのオマケ付き
この当時の彼らのすべてがこの作品にあると
いっても過言ではない1枚になっている。
(8-11がボーナス)
曲目
1.GLAD
2.FREEDOM RIDERl
3.EMPTY PAGES
4.I JUST WANT YOU KNOW
5.STRANGER TO HIMSELF
6.JOHN BARLEYCORN MUST DIE
7.EVERY MOTHERS SON
8.SITTEIN' HERE THINKIN'

曲目
1.GLAD
2.FREEDOM RIDERl
3.EMPTY PAGES
4.I JUST WANT YOU KNOW
5.STRANGER TO HIMSELF
6.JOHN BARLEYCORN MUST DIE
7.EVERY MOTHERS SON
8.SITTEIN' HERE THINKIN'
9.BACKSTAGE& INTRODUCTION
10.WHO KNOWS WHAT TOMORROW
 MAY BIRLING(LIVE)
11.GLAD(LIVE)


トラフィックの作品
年度 作品名
1967 MR.FANTASY
1968 TRAFFIC
1969 THE BEST OF TRAFFIC
1969 LAST EXIT
1970 JOHN BARLEYCORN MUST DIE
1971 THE LOW SPARKS HIGH HEELD BOYS
1973 SHOOT OUT AT THE FANTASY FACTORY
1974 WHEN THE EAGLE FLY
1994 FAR FROM HOME


最新更新日 2024年5月9日

昔のインデックス