アンクルマツのCDガイド  INNER CIRCLEのCDガイド 最新更新日2018年11月8日 更新履歴 索引
インナー・サークルのCD
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
インナー・サークル、ショートストーリー

1980年にヴォーカルのジェイコブ・ミラーが交通事故死。そのために現実には存在をしていないかのような感覚でいる(ただし、これは私のことかな?)そのぐらいにこれからというときにすべてを無くしたかのような状況に陥ったバンドという、まるでその存在自体が伝説になりかねない状態であったりもする。だが現状は活発とはいかないのかもしれないが存在しているバンドでもある。
しかし、その存在自体はレゲェバンドとしてというよりもひとつのポップバンド的なものになっていることも確かなようだ。公式ホームページもありツアースケジュールも出ているが2012年までのところで止まっている。レゲェという中では正直ジェイコブ・ミラー死亡の段階で終了し、その後は別のバンドであるというような雰囲気に満ち溢れていることも確かだ。映画のタイトルソングが世界的ヒットになったということもあり、なかなかの取扱いであったかのような・・・・
音楽として考えた場合は、特にレゲェというよりもむしろ良質のポップバンドとしての取扱いが正しく感じる。
基本的に使っているビートがレゲェでそれが一番なじみがあって表現しやすかった。それで動いていたところヴォーカルがよく、そのジェイコブ・ミラーが中心での評価がイギリスであったが事故死。という理解が一番ただしいように思える。
何気に一人で適当に時間を過ごしつつの音楽のお伴といった取扱いが一番正解に思えて切るのだが・・・・・・・

インナー・サークルの作品
年度 作品名 レーベル
THE BEST OF INNER CIRCLE MANGO
  KILLER AGAIN TDK 
     
ダブ作品
Wanted Dub TDK
Heavyweight Dub BLOOD&FIRE
Killer Dub
アーティスト名
ボブ・マーリ-
ピーター・トッシュ
バニー・ウェイラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル
トゥーツ&ザ・メイタルズ
ザ・ヘプトーンズ
ジョディ・モワット
マイティ・ダイヤモンズ
オムニバス盤
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載