アンクルマツのCDガイド     FENTON ROBINSONのCDガイド 最新更新日2018年12月11日 更新履歴 索引
フェントン・ロビンソンのCD
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
フェントン・ロビンソン、ショートストーリー

 結構機械的にギターを弾く感じもあるが、それはキチンと弾いているとおいうことなのだろう。
そう、極端に何か癖があるような音は出さずにその彼の音を出してきているところが、なんともスマートな感じで、何気に思わずコピーしてしまいたくなりそうな音が結構魅力だ。
音にキレが細かく、キチンと丁寧に弾く音が結構まあ近くに移送な音を出してくれて、結構楽しめる音だ。
だが逆に言えばとてつもなく癖があるわけではないので、以外と印象になる音がないブルースギター的な雰囲気も何気にあったりする。
臭みだとかに人間臭さはなく、丁寧に計算高く弾かれていく音のギターが持ち味であるという、周りにいてくれそうな感じが以外とよかったりするのが不思議。
細かな技は思わず真似したくなるといういのが真実だろう。このちょっと前の世代のブルースとは違い、結構ギターの音が全面に丁寧に出てくる。そう、この音の使い方はまあギター野郎があこがれたフュージョンにもありそうだが、個別の音の出方はやはりブラックなブルースということなのだろう。
とにかくは優しく歌われる歌、とにかく変な音のない聞きやすいブルースという部分が特徴なのかもしれない。アリゲーターとかの音になるわけだと本当に極端な黒さはないう感じになっていく。
丁寧なギターに真面目な歌。そう、真剣に真面目に演奏してくれる。
聴きごたえを求めるというよりも丁寧なギターを聞いてくれ!と、いったところだな。
これはシカゴとかの音では明らかにない。聞きやすいブルースだ。

フェントン・ロビンソンの作品
年度 作品名 レーベル
I HEAR SOME BLUES DOWNSTAIRES alligator
 
アーティスト名
BB・キング
マディ・ウォーターズ
マジック・サム
S・B・ウィリアムソン
バディ・ガイ
リトル・ウィルター
T・B・ウォーカー
R・JR・ロックウッド
ロバート・ジョンソン
ローウェル・フルソン
F・ロビンソン
ライトニン・スリム
S・イーグリン
ハウリン・ウルフ
J・G・ワトソン
L・ホプキンス
J・L・フッカー
ロバート・クレイ
Rウィルキンス
スリム・ハーポ
R・ナイトホークス
ジミー・ロジャース
J・B・ルノアー
アルバート・コリンズ
フレディ・キング
ルーサー・アリソン
ジェイムズ・コットン
リトル・ミルトン
C.ゲイトマウス・ブラウン.
R.L.バーンサイド
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載