アンクルマツのCDガイド     ダブ・シンジケートのCDガイド 最新更新日2019年10月6日 更新履歴 索引
DUB SYNDICATE
DUBのCD
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
DUB SYNDICATE
エイドリアン・シャーウッドがジャマイカでの彼らの音をエレクトロニックに音をそろえ制作し、それをon-uレコードから発表していた。
まさしくレゲェの音をキチンとリマスターした音であるので、何とも言えない音の表現が最高の気持ちになるという流れでの音になっている。
ジャメイカのレゲェの音がイギリスでテクノ的なダブサウンドに生まれ変わる流れの中の音は
ひたすら温和で逆になつかしさすら感じる音になっており、なんとも言えない気分のよい音になって聞こえてくるのだ。
基本的にアフリカン・ヘッド・チャージのメンバーがエイドリアン・シャーウッドの元に集まり中心となるリンカン・スタイル・スコットが中心となり、上記のアフリカン・ヘッドチャージのメンバーらが集い作られている音だ。これにジャー・ウォーブルらが加わることがあり、とにかくは優し気でレゲェの香りを残しながら、なかなかのなんとも言えないエレクトロニカルには決してならないエレクトロニックな感じを残すなんとも言いようのない香りのあるサウンドを作り上げている。
だがスタイル・スコットも2014年に亡くなり新たな音はもう作られなくなっている。アンソロジー・ボックスや過去のリイシューがされるときにしか入手困難な状況になるようだがその中でも入手に動く価値は間違いなくあるバンドだ。いやあダブの中では欠くことができない音がここにあるのだ。
ダブ・シンジケートの作品
年度 作品名 レーベル
DUB SYNDICATE CLASSIC SELECTION VOLUME2  ON-U
 
 
 
 
 
     
     
アーティスト名
キング・ジャミー
オーガスタス・パブロ
リントン・クウェシ・ジョンソン
プリンス・ジャミー
マッド・プロフェッサー
エイドリアン・シャーウッド
リーペリー
アフリカン・ヘド・チャージ
キング・タビー
ミュート・ビート
デニス・ボーヴェル
キース・ハドソン
ダブ・シンジケート
オムニバス盤
(C)2005-2019 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載