アンクルマツのCDガイド     カーティス・メイフィールドのCDガイド 最新更新日2017年6月23日 更新履歴 索引
カーティス・メイフィールド
ソウルのCD
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
カーティス・メイフィールド、ショートストーリー
元インプレッションズのヴォーカリストで社会派として知られるカーティス・メイフィールドは1942年シカゴ生まれ、親の影響でゴスペルの中で育ち、その後ジェリー・バトラーと知り合いインプレッションズを結成する。ジェリー・バトラーはその後レコード会社との契約の絡みで当初のヴィージェイに残るがカーティスは契約を切られあBCに移る。そのままインプレッションズとの活動は続きジプシーウーマン、アイム・ソー・プラウドなどの録音を残している。だがそれも時間がたちインプレッションズから独立していくことになる。そして完全なる独立ということで「CURTIS」の発表につながっていく。とにかくは独立するまでの期間が結構あるというのがこの人の特徴だろう。アメリカにおけるゴスペルの有効性というか完全に生活に密着しているということが彼の人生を大きく左右していくことになるのだ。その中でのアメリカの公民権運動などの歴史的な部分での巻き込まれ方もあり社会派のヴォーカリストとしての姿も出てきていたりもする。その中でのファーストアルバムの発表もあり、そういった影響の中での活動的とらえ方をされていく形になっていたようだ。映画音楽へのサントラの提供もあり活動は賑やかになっていく。時間はたち様々なライブ会場での活動もあったが1990年8月照明器具の落下に巻き込まれ下半身不随。活動は大きく制約されていくが作品の発表はなんとか・・・・・・だが・・・・・・・
1999年12月死去。プロデューサーとしての活動も多く非常に多彩な才能を様々な場面で表現してくれていた。なんとも言えない57歳の死。合掌
カーティス・メイフィールドの作品
年度 作品名 レーベル
1970 Curtis
1971 Curtis Live
1971 Roots
1972 Superfly
1973 BACK TO THE WORLD   
1973 Curtis in Chicago
 1974 Sweet Exorcist   
1974 Got to Find a Way
1975 There's No Place Like America Today
1976 Give,Get,Take and Have
1977 Never Say You Can't Survive
1978 Do It All Night
 1979 Heartbeat  
1980 Something to Believe In
1981 Love is The Place
1982 Honesty
1985 We Came in Peace With a Message of Love
1988 Live in Europe
1990 Take it to the Street
 1996  New World Order  
    Live at Ronnie Scott's  
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
C・メイフィールド
タワー・オブ・パワー
ファンカデリック
ヴァーノン・ギャレット
パーラメント
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
8th デイ
ダニー・ハサウェイ
ジョーシ・クリントン
OVライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニ・トニ・トニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
GRAHAM CENTRAL STATION
ブーティ・コリンズ
FUNK INC
オーティス・クレイ 
ボビー・ウーマック
オムニバス
(C)2005-2019 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載