パーラメントのCDガイド  最新更新日2017年9月12日 更新履歴 索引
CHOCOLATE CITY
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
パーラメントのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
チョコレート・シティ CHOCOLATE CITY

なんともいい感じのトゥーステイングで始まるパーラメントの代表作。はたしてチョコレートシティはどこに?の世界がこの作品で分かっていく!ってまあ大げさだな。しかし本気でこのわくわく感の盛り上げ方が本当に楽しい。なぜにここまで盛り上げるのだ?しかしブーティのベースがひたすら全体を引き付けて引っ張っていく様がP-FUNKそのものなのだろうという感じがなんだかすごい。そうバイクで全体をひっぱっていくかのような音が疾走感丸出しでいまだにそのカッコよさはうしなわれていない。コーラスの一体感といい、このパワーに関しては他の追従を許さないかのような音の流れが本当にカッコイイ。なんであれこの中でのリズムのキチンとした流れがうまく全体を運び、それをブーティが支配し全体が色付けをしていく、なんだろう、これ以上のバンドってあるのだろうか的な瞬間を感じさせられるすごさがここにあるということでこの作品の評価は定まっていくのだろう。いやあ、生で見たかったね、本当に。どこまで楽器の流れとビートが一致しどこまでの音が成り立ち、どこまで攻め込んでくるのか?ここまでバンドのビートがすべてを支配する的感覚を覚えさせるのは他にあるのだろうか?いやあ、本当にこの作品の凄さは他では真似がされていないビートのまとまりなのかもしれない。P-FUNK凄過ぎ

曲目
1.CHOCOLATE CITY
2.RIDE ON
3.TOGETHER
4 SIDE EFFCTS
5 WHAT COMES FUNKY
6 LET ME BE
7 IF IT DON'T FIT (DON'T FORCE IT)
8 I MISJUDGED YOU
9 BIG FOOTIN'
パーラメントの作品
オスミュイム
アップ・フォー・
ザ・ダウン・ストローク
チョコレート・シティ
マザー・シップ
・コネクション
ザ・クローンズ・
オブ・ドクター
Pファンク・
アース・トァー
ファンケンテレシーVS
モーター・ブーティ
・アフェア
グロリーホール
アストゥーピッド
トロンボピュレーション
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
C・メイフィールド
タワー・オブ・パワー
ファンカデリック
ダニー・ハサウェイ
パーラメント
ヴァーノン・ギャレット
8th デイ
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
スライ・ストーン
ジョーシ・クリントン
O・V・ライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニ・トニ・トニ
シル・ジョンソン
T・Tダービー
キング・カーティス
P-FUNK ALL-STARS
グラハム・セントラル
・ステーション
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載