アンクルマツのCDガイド     バーニング・スピアのCDガイド 最新更新日2017年10月22日 更新履歴 索引
バーニング・スピアのCD
レゲエアーティスト別
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
バーニング・スピア、ショートストーリー

ジャメイカのレゲエシンガーの中でも特にラスタファリズムに傾倒していると伝えられているのがバーニング・スピアだ。当初は3人組のコーラス・グループだったものがいつのまにかバーニング・スピア=ウィンストン・ロドニーという形となりそのまま延々と活動が続けられている。スタジオ・ワンから始まったキャリアもすぐにアイランドと契約という形となりそこで大傑作「マーカス・ガーベイ」が発表されている。この作品とそれに続くガーベイズ・ゴーストがバーニング・スピアの評価を定めそしてその音楽家としての性質が世俗離れしたものかのように語られるようになっていった。一時期のどの病気で精彩を欠くような状態にもなったが見事に復活。そして自身のレーベルを立ち上げあいも変わらずの活動を続けている。生きる伝説の典型例のような状況だがまだまだ現役だ。

バーニング・スピア公式サイト
バーニング・スピアの作品
年度 作品名 レーベル
Creation Rebel スタジオ・ワン
1974 ロッキング・タイム スタジオ・ワン
1975 マーカス・ガーベイ アイランド
1976 マン・イン・ザ・ヒルズ アイランド
1977 ドライ・アンド・ヘヴィー アイランド
1978 ソーシャル・リヴィング アイランド
1980 ヘイル・HIM EMI
1982 ファーオーヴァー ハートビート
1983 フィッテスト・オブ・フィッテスト ハートビート
1985 レジスタンス ハートビート
1986 ピープル・オブ・ザ・ワールド グリーンスリーブス
1988 ミストレス・ミュージック グリーンスリーブス
1989 ライブ・イン・パリス グリーンスリーブス
1990 メッケ・ウィ・ドゥイート マンゴ
1992 ジャー・キングダム マンゴ
1993 ザ・ワールド・シュッド・ノウ マンゴ
1994 ラブ・アンド・ピース バーニング・スピア
1995 ラスタ・ビジネス バーニング・スピア
1996 チャント・ダウン・バビロン バーニング・スピア
1997 アポイントメント・ウィズ・ヒズ・マジェスティーズ バーニング・スピア
1998 ライブ・イン・コンサート バーニング・スピア
1999 コーリング・ラスタファリ バーニング・スピア
2001 スピア・バーニング バーニング・スピア
2001 ライブ・イン・モントルー バーニング・スピア
2003 フリーマン バーニング・スピア
2004 ライブ・イン・サウス・アフリカ2000 バーニング・スピア
2004 ライブ・イン・パリス バーニング・スピア
2005 アワ・ミュージック バーニング・スピア
アーティスト名
ボブ・マーリ-
ピーター・トッシュ
バニー・ウェイラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル
・ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナーサークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル
トゥーツ&ザ・メイタルズ
ザ・ヘプトーンズ
ジョディ・モワット
マイティ・ダイヤモンズ
オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載