ボブ・マーリーのCDガイド  バーニン 最新更新日2016年7月6日 更新履歴 索引
バーニン
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
ボブ・マーリーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
バーニン

オリジナル・ウェイラーズ3人が揃った最後のの作品。三者三様の音楽に対する姿勢がくっきりと現れている。ピーター・トッシュの「GET UP STAND UP」で始まり、バニー・ウェイラーの「ハレルヤ・タイム」で一瞬空気が和むがその後は「アイ・シャット・ザ・シェリフ」でまたも攻撃的な姿勢を取り戻す。その後はジャメイカの問題というか彼らの生活の状況や決意そして過去の時代から続く問題について歌っていく。基本的にはやはりラスタファリズムが中心。JAHと言う言葉が常に中心にある。ジャケットには彼らの姿が描かれている。その姿がこのグループの持つ雰囲気を良く伝えてくる。攻撃的で最も戦闘的なピーター・トッシュ。柔和でかつ温かみで満ち溢れているバニー・ウェラー。そして現実を踏みしめ切り裂いていくボブ・マーリー。まったく違う個性を持つ3人はJAHという宗教上の彼らの神によって結び付けられていたのだろう。演奏はしっかりと地についたものです。とにかくリズムのこの粘りは物凄くこの大名盤を支えきっている。 当時「GET UP STAND UP」がWARの「SLIPPIN' INTO THE DARKNESS」の盗作ではなかという疑惑があったりもした。確かにSLIPPIN' INTO THE DARKNESS」の間奏部分がちょうど「GET UPSTAND UP」のさび部分とそっくりなのだが、そんな事はこの曲の素晴らしさにうちけされてしまっている。 また、「I SHOT THE SHERIFF」がエリック・クラプトンにコピーされて大ヒットしたりもしている。世界ツアーを拒絶したバニー・ウェイラーが抜け(この時のツアーにはピーターの代わりにジョー・ヒッグスが参加している)そしてツアー後にピーター・トッシュが脱退する。レゲエの3大巨人が奇跡的に共演していると言う事でも聞く価値がある

曲目
1.POSITIVE VIBRATION
2.ROOTS,ROCK REGGAE
3.JOHNNY WAS
4.CRY TO ME
5.WHAT MORE
6.CRAZY BALDHEAD
7.WHO THE CAP HIT
8.NIGHT SHIFT
9.WAR
10.RAT RACE
ボブ・マーリーの作品
キャッチ・ア・ファイア
バーニン
ナッティ・ドレッド
ライブ!
ラスタマン・ヴァイブレーション
エクソダス
バビロン・バイ・バス
カヤ
サヴァイバル
アップライジング
コンフロンテイョン
トーキン・ブルース
 WAILING WAILERS AT STUDIO ONE
シマー・ダウン
ワン・ディ・
オブ・ボブマーリィ
アフリカン・ハーブスマン 
JAPAN
アーティスト名
ボブ・マーリ-
ピーター・トッシュ
バニー・ウェイラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル
トゥーツ&ザ・メイタルズ
ザ・ヘプトーンズ
ジョディ・モワット
マイティ・ダイヤモンズ
アルトン・エリス
アプセターズ
オムニバス盤
(C)2005-2019 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載