アンクルマツのCDガイド     ウィリアム・ブーティ・コリンズのCDガイド 最新更新日2017年9月17日 更新履歴 索引
ブーティ・コリンズのCD
ソウルのCD ベーシストのCD
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
GRAHAM CENTRAL STATION、ショートストーリー

もともとはジェームズ・ブラウンの後ろでベースを弾いていた。だがジェームズ・ブラウンの考え方の違いや音楽の方向性の違いからとあるステージで幻覚症状丸出しのまま逃亡!!!
その後ジョージ・クリントンに連れられP-FUNK方向に進出。そう単なるソウルファンクから激しさや革新性の強い方向での音楽に進んでいく。そうベースのジミヘン状況での演奏が各所で話題になりファンカデリック、パーラメントの中での活躍とともに彼の知名度は上がりそして彼自身の作品を発表していくことになっていく。
そう、オートワウを使ったベースサウンドが彼の持ち味として、そして彼しかない音として注目を浴びそしてその独自のサウンドとベース音でまったくもっての不滅の名声を獲得していくことになる。
革新という言葉がもっとも似あうベーシストよいう表現でいいのだろう。
テクニック云々よりもそのサウンドと音楽の独自性で彼の場所を築きあげた!
何年たってもまだまだ新鮮な音として聞けるその音楽の癖は、人によってきっと感じ方が違うのだろう・・・

ブーティ・コリンズの作品
年度 作品名 レーベル
BOOSTY'S RUBBER BAND
1976 Strtchin' Out in Bootsy's Rubber Band
1977 Ahh.....The Name Is Bootsy,Baby
1978 Bootsy? Player of the Year
1979 This is Made For Fonk-n
1990 Jungle Bass
1994 BLASTERS OF THE UNIVERSE  
WILLIAMS BOOSTY'S COLINS
1980 Ultra Wave
1982 The One Giventh,The Count Taketh Away
BOOSTY'S COLINS
1988 What's Bootsy Doin?
1997 'P'Fresh Outta "P" Univercity
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
C・メイフィールド
タワー・オブ・パワー
ファンカデリック
ダニー・ハサウェイ
パーラメント
V・ギャレット
8th デイ
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
スライ・ストーン
G・クリントン
O・V・ライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シルジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
GRAHAM CENTRAL STATION
BOOTSYCOLLINS
オムニバス
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載