ジョン・リー・フッカーのCDガイド  BOOGIE AWHILE  ブギー・アホワイル 最新更新日2018年7月13日予定 更新履歴 索引
ブギー・アホワイル
ブルースのCD
アンクルマツのCDガイド
ジョン・リー・フッカーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
 
BOOGIE AWHILE
ものすごい音質だ。おそらくは盤おこしのものなのだろう。なんとなく針音が聞こえてきているような感じが結構なんとなく楽しいところだ。
そう、大昔の音をそのまま楽しむという感じでなんとなく悪い感じがしないというリラックス感で何気に聞いているというのがこの文書を書いているときの感じだ。
そう、何かを評価するとか、何かを知りたいとか、コピーするとかではなく、何気にジョンリーの歌を聞いているという感じでいるには結構悪くないわけだ。
そう、この手の大昔の楽器とアーティストが単独で歌うという、なんだろう、所謂、そうジョンリーの姿を単純に聞いて楽しむという歌のあり方でこの時代のブルースを楽しむというところなのだろう。そう、だがここでの音はやはりブギーという形でジョンリーの姿を表現しているという趣が非常に強い。ギターの音のアコースティックでありながらもその強さがなんとも言えずに強く伝わってくる部分が本当に独特のもので結構楽しめるものだ。
ギターのカッティングの仕方がやはりこの人独特のものであり、ギターのカットした際の音が、なんとも言えずいい感じでこのカッティングの独特さ加減がなぜか言葉に感じてくるような感じが本当にいい感じがする。
昼下がりのお昼ねに合わせてこの盤を聞いていると結構いい感じがするのは・・・・・・
うーむ、なんとなくなじみができてしまっているからなのだろう。
大昔のジョン・リーの日本でのライブをおぼろげながら覚えているのだが、なんだろう結構いい年齢のはずなのに観客と一緒大盛り上がりというか、おいおいおじいちゃんそんなに騒いで大丈夫?状態だったのが懐かしい。その時に会場にいた人たちが本当に大盛り上がり。
そう、なんだろうみんなで勝手にあこがれていたわけだ。
伝説は本物だった!という気分にさせられたことを思い出してしまった。
うーん、いやあ、いいね。
曲目
1.MORNING BLUES
2,BOOGIE AWHILE
3.TUESDAY EVENING
4.MISS PEARL BOOGIE
5.GOOD BUSINESS
6.MERCY BLUES
7.BOOGIE WOOGIE
8.I LOVE BOOGIE
9.HIGHWAY BLUES
10.MISS ROSIE MAE(alternate takes)
11.WAYNE COUNTRY RAMBLIN' BLUES
12.LEAVIN' CHICAGO
13.SHAKE YOUR BOOGIE
14.POOR SLIM
15.MUST I WAIT TILL YOUR MAN IS GONE
16.COTTON PICKIN' BOOGIE
17.DO THE BOOGIE
18.CHRISTMAS TIME BLUES
19.BOOGIE RAMBLER
20.NO MORE DOGGIN'
ジョン・リー・フッカー
の作品
....ALONE
HOUSE OF THE BLUES
DETROIT STUFF
THIS IS HIP
I'M JOHN LEE HOOKER
THE BIG SOUL
TRAVELIN'
BOOGIE AWHILE
THAT'S WHERE
IT'S AT!
IT SERVES YOU RIGHT TO SUFFER
BOOM BOOM AND OTHER CLASSICS
アーティスト名
BB・キング
マディ・ウォーターズ
マジック・サム
S・B・ウィリアムソン
バディ・ガイ
リトル・ウィルター
T・B・ウォーカー
R・JR・ロックウッド
ロバート・ジョンソン
ローウェル・フルソン
F・ロビンソン
ライトニン・スリム
S・イーグリン
ハウリン・ウルフ
J・G・ワトソン
L・ホプキンス
J・L・フッカー
ロバート・クレイ
Rウィルキンス
スリム・ハーポ
R・ナイトホークス
ジミー・ロジャース
J・B・ルノアー
アルバート・コリンズ
フレディ・キング
ルーサー・アリソン
ジェイムズ・コットン
リトル・ミルトン
C.ゲイトマウス
・ブラウン.
R.L.バーンサイド
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載