ローリング・ストーンズのCDガイド ベガース・バンケット BEGGARS BANQUET 最新更新日2019年9月30日 更新履歴 索引
BEGGERS BANQUET
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ローリング・ストーンズのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
BEGGERS BANQUET
思い切り行先変更的な流れのような・・・・と、いうよりも元に戻ったというのが本当のところの彼らの一種のブルースアルバムだろう。
シンパシー・フォー・ザ・デビルのなんとも言えない存在の中で始まるこの世界は、本当にどこからやってきたのだろう?的な雰囲気が本気ですごかった。
意味不明の世界が前作の意味不明状態から一気にすさまじい方向、もともとかられの考えていた世界にもどったのだろう。
基本がとにかくは音がアコースティックな方向性で作られている。
だがアコースティックといっても基本がロバート・ジョンソンのような南部の黒人ブルースからやってきた音、フォークソングとは全く違う、真剣にブルースそのものの世界の音だ。歌は語りかけてくるようなレベルと収録されており、それがまた曲の存在をすごいものにして、いまだに生き続けている状況を作り上げてくれている。
ジャケットが問題になり、しばらくは白の紙の上にタイトルが書かれているだけの世界だったが、改訂を重ねるうちに本来のトイレジャケットのものが出てきた。
現状はどうなのだろう?手元はトイレジャケ。アナログは当然のごとくもともとの白紙のタイトル名だけのもの。
真剣に彼らが彼ら自身の音楽に戻り、その部分を真剣に作り上げた作品。
傑作の評価が当然のものだ。ミック・ジャガーの歌がその曲にとんでもない、すさまじい説得力を与え、彼自身の存在も大きくしていることがよくわかる作品でもある。なんだろう、ギターを使った音の作り方として最高のものでもある。
大傑作としか本当に言いようがない作品だ。
曲目
1.SYMPATHY FOR THE DEVIL
2NO EXPECTATIONS3AROL
3.DEAR DOCTER
4.PARASGUT WOMAN
5.JIG-SAW PUZZLE
6.STREET FIGHTING MAN
7.PRODIGAL SAN
8.STRAY CAT BLUES
9.FACTORY GIRL
10.SALT OF THE EARTH
ローリングストーンズの作品
single collection the london years
BEGGARS BANQUET
LET IT BLEED
GET YER YA-YA'S OUT!
STICKY FINGERS
EXILE ON MAIN STREET
GOATS HEAD SOUP
IT'S ONLY ROCK'EN ROLL
BLACK AND BLUE
LOVE YOU LIVE
SOMEGIRLS
EMOTIONAL RESCUE
TATTO YOU
UNDER COVER
DIRTY WORK
STEEL WHEELS
FLASH POINT
VOODOO LOUNGE
BRIDGESBABALON
STRIPPED
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
YARDBIRDS
スペシャルズ
ポール・ウェラー
ロッド・スチュワート
(C)2005-2019 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載