XTCのCDガイド スカイラーキング 最新更新日2017年9月16日 更新履歴 索引
SKYLARKING
ブリティッシュ&ヨーロッパのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
XTCのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
SKYLARKING 
この作品の発表前は時は変わったバンドのイメージの中で生きていたバンドであった。そう、何気にない工夫のところでその存在をという感じであった。だがこの作品でいきなりの大変身。そうトッド・ラングレンによる大改造がとんでもなくこのバンドを変えた。ただし本人たちはブチ切れ状態に陥り、あっという間にこの組み合わせはこの作品だけで消えた。ちょっとした変わり者の部分をポップに普通にするとこうなりますの世界がここにあるわけだ。だがその普通が普通ではなくとんでもない大作品への変身とつながり大ヒットをしてしまった。かれこれ30年経っているがいまだにその作品の新鮮味は残りそして、いまだに適度に評価が続くというすごさを持った作品としての存在感が凄いものになっている。この作品からのMEETING PLACEも大ヒット。そしてボーナストラックとして生き続けている(ただしアンディ・パートリッジが・・・・・・)DEAR GODはその存在を延々と明確に生かしいまだに生き続けている。この作品が出るまでののXTCはやはり一部のファンが熱狂的に存在するが、その存在は一般的には???の状況であり、また結構変わり者的な扱いを受けながらも、好き者にはっ徹底的に愛されるという存在でいた。それがカドがなくなり。。。。。。だがそれがこのバンドの特徴であったがために当然のごとくアンディ・パートリッジとトッド・ラングレンは大喧嘩となりその関係は消滅していく。いまだにこの作品の曲は生命力を残し、60年代的サイケ的な部分もいい感じで残る状態がある。本当に流しっぱなしで数日でもOK的なすごい出来の作品であり、他のXTCの作品との毛色の違いも楽しめるというおまけがついている感じがある。サウンドというよりも歌が中心になっているという部分がもしかすると・・・・だがこの作品は普通に聞いていても十二分に楽しい。非常に分かりやすく、そして体を温めてくれる柔らかさと気持ちのよさがある。大傑作の評価でいいはずなのだが・・・・・・・うーむ。
曲目
1.Summer's Cauldron
2.Grass
3.The Meeting Place
4.That's Really Super,Supergirl
5.Ballet For A Rainy Day
6.1000 Umbrellas
7.Season Cycle
8.Earn Enough For Us
9.Big Day
10.Another Satellite
11.The Man Who Sailed Around His Soul
12.Dear God
13.Dying
14.Sacrificial Bonfir
この曲順はオリジナルのものがCD化されたときのものです。
のちの紙ジャケヴァージョンとは終盤の曲とボーナストラックDear Godの位置が異なります。
修正ヴァージョンは11曲目から以下の通りになります。
11.MERMAID SMILED
12.THE MAN WHO SAILED AROUND
13.DYING
14.SACRIFICIAL BONFIRE
BONUS
15.DEAR GOD
XTCの作品
RAG&BONE BURFFET
THE COMPACT XTC
BLACK SEA
MUMMER
SKYLARKING
ORANGES&LEMONS
NONSVCH.
APPLE VENUS
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
ザ・クラッシュ
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載